2人の作業員

農作物やペットをアライグマから守る~プロに駆除を依頼する~

被害を受ける前に対策する

アライグマ

元々アライグマはペットとして日本に持ち込まれてきました。飼いきれなくなった飼い主が外に逃がし、それらが繁殖を繰り返して数を増やしています。日本にはアライグマの天敵はほとんどいません。全国に分布を増やし、生息数を増加させていっているのです。東京の都心でも存在が確認されています。山などで生活をせずに住宅地や繁華街に生息しているのです。日本には綺麗に整備された下水道があります。ドブネズミと同じく、そういった配管を寝床にして身を隠しているといわれています。農作物の被害に他に酪農家の方たちも頭を抱えています。乳牛の乳に噛みつき、乳牛が傷付いてしまうというのです。とても凶暴なので、個人で駆除をするのは危険といえます。駆除をする際は業者に依頼しましょう。専用の器具や技術で徹底した駆除をしてくれます。被害に悩まされている方はすぐに依頼をしましょう。糞尿被害も多く報告されています。家の軒下などに巣を作ることも報告されています。軒下に排泄物を溜めることがあるので、臭いの被害などで悩まされている方も多いのです。ペットに被害を与えることもあるので、ペットを飼っている家庭は特に注意しましょう。アライグマの駆除をすることで家族やペットを守ることになります。被害が出る前に駆除をしましょう。業者によって駆除方法や料金に違いがあるので、比較をしてから見積もりを出してもらうと良いです。専門知識を持ったプロの方が対応してくれるので、アライグマの被害に悩むことがなくなります。

悪徳業者に気をつけよう

シロアリ被害

長野のシロアリ駆除業者に依頼して被害を抑えましょう。悪徳業者もいるので注意して業者選びをすることが大事です。家がダメになってしまう前にシロアリ駆除をすることで快適な家を保つことができます。

View Detail

知識を持って対処しよう

ハチ

ハチの被害が増えているので、最低限のtisikiを身に着けて注意を払いましょう。黒い服に過剰に反応する習性があります。刺された場合は毒を取り出して冷やしましょう。その後すぐに病院に行く必要があります。

View Detail

見えない害虫の駆除をする

ダニ

ダニは肉眼で確認できないほど小さな害虫です。人間を刺すダニもいるのでダニ駆除を徹底しましょう。アレルギーや痒みの原因になってしまいます。できるだけ早期に駆除をすることで健康被害を受けずにすみます。

View Detail